敏感肌と大人ニキビ|肌の弱い人のニキビケアについて

敏感肌はニキビが出来やすい?

世の中にはかなり多くの人が敏感肌で悩んでいるようです。 敏感肌は乾燥肌に直結しておりニキビが出来やすい環境の肌となってしまうのです。

敏感肌の人は乾燥肌になりやすく、乾燥肌になってしまうと肌のバリア機能が低下してしまい、肌は乾燥して角質も水分を失いがちになります。 そのため、角質は硬くなってしまい毛穴に皮脂や角質が溜まりやすくなってしまうのです。

普通の人の肌よりも乾燥肌の人のほうが毛穴が詰まりやすくなっているので、少しの皮脂で直ぐに毛穴が詰まってしまうのです。 その結果としてニキビ発生を促してしまうことになるのです。 ですから、敏感肌の人、とりわけ乾燥肌の人は余計に保湿が大切なニキビケアのポイントとなってきます。

有効成分として気にしておきたいのはセラミドとなります。 保湿効果が素晴らしく効果を期待できるのです。 できれば、人が持っているセラミドと構造が近いセラミドが配合されている美容液などを使用すると良いでしょう。

大人ニキビは誰でもできる可能性があるのですが乾燥肌になりやすい敏感肌の人はより一層、大人ニキビが出来てしまう可能性が高まります。 十分にケアをしましょう。

敏感肌のニキビケアのポイント

敏感肌のニキビケアのポイントの一つ目は、クリームタイプのクレンジングを選ぶことです。 クレンジングにも様々なタイプがありますが、強い成分が使われているものが多く、皮脂を落としてしまいがちです。

また、ミルクタイプなど水分量が多いものはメイクが完全には落ちにくい傾向があります。 そのため、油分と水分のバランスがいいとされているクリームタイプのクレンジングが適していると言えます。 使用する際は、肌に滑らせるように馴染ませて、ぬるま湯で洗い落としましょう。

次に毎日使用する洗顔料に関してですが、刺激の少ないタイプのものを選ぶようにします。 使用するときによく泡立てるようにしましょう。 洗うときは擦るのではなくマッサージするように洗うことを意識します。 洗顔は毛穴の汚れをキレイにするので、ニキビケアにはとても重要なポイントです。

スキンケアはうるおい補給をメインに選ぶようにしましょう。 化粧水で水分を与えたら、美容液やクリームなどで更に潤いを補給します。 敏感肌の場合、オイルコントロール効果のあるものや、ニキビ予防が出来るアイテムが適しています。

そしてUVケアに関しても保湿成分入りのものを選ぶようにしましょう。 日中こまめに塗り直してあげることで紫外線対策だけでなく保湿ケアも可能です。

肌のバリア機能をアップしニキビを解消

大人ニキビの原因は10代に出来る思春期ニキビとは原因が異なります。 乾燥してバリア機能が衰えてしまったり、ターンオーバーの乱れ、ストレスや睡眠不足、食生活の乱れなど様々な要因が複雑に絡み合っていることが多いのです。 特に20代後半から肌の水分量が低下していくので、肌はじわじわ乾燥していきます。 日頃メイクとクレンジングを行うことでその乾燥は加速していくのです。

また加齢とともに肌の代謝が衰え、ターンオーバーの周期が崩れていきます。 このターンオーバーがスムーズに行われないと角質が厚くなり、毛穴を塞ぐことでニキビが出来てしまうのです。

様々な原因が絡み合っているので治りにくい大人ニキビですが、常に十分な水分量で肌が潤っている状態を維持できれば多くの肌トラブルは解消できます。 そのためのポイントとなってくるのが保湿です。 そのため使用する化粧水選びが重要になってくるわけです。 大人ニキビを解消するコスメ

先述した通り加齢とともに肌の水分量が減っていきますからさっぱりした化粧水ではなく保湿性の高いものを選ぶようしましょう。 またこの時、大人ニキビに有効な成分が配合されているものを選ぶと保湿以外の効果も期待することが出来ます。

敏感肌と大人ニキビ|肌の弱い人のニキビケアカテゴリー項目一覧